子ども向けの教材でまず大事なのは、 楽しめること! 嫌々ながらだと、 結局親だけ一生懸命になって […]