ビデオ撮影

子供の晴れの舞台の1つである「入学式」。

記念にビデオ撮影をしようと、
張り切っているお父さん、お母さんも多いでしょう。

子供の姿を綺麗に撮影するためには、
どんなことに気を付けたらいいのか、
撮影時のマナーと合わせて見ていきます。



ビデオ撮影をするときは手ブレ防止対策をしっかりと

ビデオ撮影

せっかく撮った映像が、
手ブレでぼやけていたら嫌ですよね。

そうならないためにも、
手ブレ防止対策をきちんとしないといけません。

最近のビデオカメラには、
手ブレ防止機能がついています。

自動でオンになるタイプもありますが、
事前に確認し、手ブレ防止機能をオンにしておきましょう。

入学式の間ずっと撮影するとなると、
手が疲れてぶれやすくなります。

なので、三脚の準備も忘れずに。



ベストポジションを探してビデオ撮影しよう

ビデオ撮影

子供の姿をばっちりと撮るためには、
撮影場所も大事です。

子供の斜め後ろの場所で撮影できれば、
子供の表情もばっちりと撮ることができます。

でも、クラス発表は当日だし、
子供がどこの席に座るのか予想するのは難しいですよね。

そこでおすすめするのが、後ろの方です。

子供の表情を撮るのは難しいですが、
入退場する子供の姿を撮影できます。

入学式に挑む子供の姿を表情、
式典を終えた後の子供の表情、
どちらも違った表情をしているはずです。

三脚を使っての撮影は邪魔になったり、
迷惑に感じる人もいます。

その点でも、
後ろの方なら気を使わずに済むので楽ですよ。



入学式でビデオ撮影をするときの注意点

ビデオ撮影

ビデオ撮影をするとき、
気を付けないといけないことがいくつかあります。

まず、学校側のルールを守ること

学校によっては、
入学式での撮影を禁止している場合もあります。

また、撮影許可をしていても、
撮影場所が決まっている場合もあるでしょう。

撮影した動画をYouTubeやSNSにアップする人もいますよね。

だけど、何も考えずに動画をアップするのはダメです。
トラブルに巻き込まれる危険性があります。

動画や撮影した写真を、
SNSなどにアップすることを禁止している学校もあるかもしれません。

事前に、学校側へ確認を取りましょう。

自分や自分の子供以外が写っている場合、
モザイク処理を忘れないでください。

無断で顔を晒すのは、
個人情報の侵害になるのでやめましょう。

学校名も、トラブルになる可能性があるので
モザイク処理をして学校名が分からないようにしてくださいね。

まとめ

ビデオ撮影

入学式は短時間で終わるので、
ビデオカメラのバッテリーが無くなる心配はないと思います。

でも、教室での様子も撮影したいなら
予備のバッテリーを準備した方がいいかもしれません。

子供の姿だけでなく、
会場の様子なども撮影しておくと
その場の雰囲気も残すことができていい思い出になりますよ。

入学式のビデオはとても大切な思い出になるので、撮影頑張ってくださいね。