3歳 習い事 バレエ リトミック

子どもの可能性を伸ばすため、早い時期から習い事を考える親は多いものです。とはいえ、幼児期から始められる習い事は限られてしまいます。今回は、人気のリトミックやバレエに絞って、その内容や月謝などを探っていきましょう。

リトミック指導の目的

3歳 習い事 バレエ リトミック

豊かで可能性あふれる人格形成を目的としているのがリトミックです。

勉強やスポーツで結果を出すことは大切ですが、その前のもっと基本的なことに着目しました。潜在的な基礎能力を養うこと、それがもっと成長したときにバランスよく発揮されることで自主性や積極性が養われ、健全な心が育まれていきます。その結果、社会生活をしていくために必要な力をつけることにもなります。

子どものリトミックとは、以下の3つを三位一体とした指導システムです。

・情操教育:心の教育・人間教育・自立心
・音感教育:音感・リズム感・拍子感・音楽の基礎や音楽の楽しさ
・生活習慣:言語・数・感覚

どんなことをするの?

3歳 習い事 バレエ リトミック

赤ちゃんの頃は親と一緒に参加します。まずは大人がすることを真似したり、リズム遊びで感性を育み脳の発達を促していきます。

徐々に一人で行動できるようにしていきましょう。そのうちにお友達との交流が楽しくなってきます。手指の小さな運動をしたり、自由なリズムで自分を表現することの楽しみを知りましょう。

3歳頃になると、大人の真似をしたがります。表現のはばを広げて創造性を鍛えると共に、数の感覚も養います。また、音楽に合わせて言葉のリズムを打ったりステップしたり、みんな自分のやりたい動きが出来ることが楽しくて仕方がないようですよ。

高橋高橋

うちの子が通っていた保育園では、定期的にリトミックを行っていました。参観する機会があり私も参加しましたが、リトミックは原則裸足ということで、冬だったので参加するお母さんが少なかったです(笑)子どもたちはみんなピアノに合わせて走ったりゴロンと寝転んだり、とっても楽しそうでしたよ!

月謝はいくら?

月謝は教室によってかなりばらつきがあります。週1回~2回で3,000円~6,000円が平均と言ったところです。その他に入会金や諸経費が必要な教室もありますが、他の習い事に比べるとかなり安いので通わせやすいと思います。

和気あいあいな雰囲気でも気にならなければ、地域の公民館などで1回500円程度で参加できるようなので、気が向いた時に問い合わせて参加するのも良いですよ。

バレエ教室は何歳からがベスト?

3歳 習い事 バレエ リトミック

バレエ教室の場合は、早くて3歳頃と考えられます。有名なバレリーナの方のお話を伺うと、始めた時期は以外にもそんなに早くないんですよね。小学校に入ってから、しかも中学年という方もいます。

あまり小さい時期に始めても、本格的にバレエのレッスンに入るには数年かかってしまうようですよ。本人が楽しめていれば、それも良いとは思いますが・・上達の具合に関しては、始める時期が早い遅いの問題ではないようです。

バレエ教室の月謝はいくら?

3歳 習い事 バレエ リトミック

バレエを習わせるなら、費用が高額になる覚悟が必要です。平均的な費用は以下のような感じです。

・入会金:1~3万円
・月謝:5,000円~15,000円(週1回レッスン)

入会金と月謝以外に、レッスン用のバレエシューズ、レオタードやタイツが必要ですし、成長に伴い買い替える必要があります。その他に発表会がありますが、衣装代も含めると5~20万円かかるとも言われます。

子どもの負担にならないように

教室によって費用が異なりますし、会う合わないもあると思います。何より、本人が続けられるかが問題です。見た目よりもレッスンはハードですし、体型維持も必要です。女の子は年頃になると体形が変わってきますから、本人が大変な思いをする可能性もあります。親のサポートも重要になりますので、協力して楽しめると良いですね。

まとめ

3歳 習い事 バレエ リトミック

バレエは女の子に人気の習い事ですよね。フワフワとした衣装で軽やかに踊る姿は、女の子なら一度は憧れるでしょう。リトミックは赤ちゃんからお母さんと一緒に参加できるので、親子共に安心ですね。

3歳は脳の基本構造ができあがる時期ですので、習い事を始めるには良い時期と考えられます。楽しみながら成長できることを見つけられたら良いですね。