運動会

保育園の運動会のお弁当

ただでさえ何にするか迷うのに、
1歳児のお弁当となるとさらに迷いますよね。

1歳児は、個人差はあるものの、ほぼ離乳食は完了しているけれど
まだまだ気を付けなければいけません。

今回は1歳児でも食べられるお弁当についてご紹介します。

運動会の1歳児のお弁当で気を付けること

食中毒を防ぐ

気温が高い晴天の日に行う運動会には
特に気を付けなければいけません。

食中毒の原因は菌によるものですから、
菌の繁殖を防ぐ必要があります。

菌は熱を加えると死にますから、
殺菌のためにもしっかりと過熱をしてください。

1歳児のご飯なので加熱は当たり前ではあると思いますが、
お肉や魚はもちろん、野菜もしっかり過熱してください。

そして、菌は湿気が多く、温かい環境を好みますので、
おかずやご飯は必ず冷ましてからお弁当箱に詰めるようにしてください。

意外と知られてないのがおにぎりの海苔。

おにぎりに海苔をまくのは定番ですが、
実は食中毒の原因になりかねません。

海苔をまくことで蒸れてしまうため、
菌が繁殖してしまいます。

熱い気温の中での運動会の場合はやめておくのがいいかもしれませんね。

おにぎりを入れる際は、絶対に素手では握らず、
ラップなどで握るようにしましょう。

そして持っていく際には
クーラーバックに保冷剤と一緒に入れて持っていきましょう。

食べやすさを一番に考える

運動会となるとお弁当は家族と食べることになると思うので
そこまで神経質になることはありませんが、
ピックやつまようじなどの尖ったものを使うのはやめましょう。

目を離したすきに振り回して目に刺さったりしたら大変ですから…。

手づかみ、スプーンで食べられる大きさに切って入れましょう。

おかずの注意点としては、お餅やナッツ、こんにゃくなどは入れないようにしましょう。

これらを踏まえて、おすすめのおかずを紹介していきます。

運動会の1歳児のお弁当のおすすめ

お弁当の主食

ご飯やパンや麺などの穀物を主食といいます。

主にエネルギーになるものですので、
必ずお弁当に入れてください。

おすすめは、ふりかけなどをまぜたものを
小さく丸めたおにぎりです。

手づかみで食べやすいのですし、
ふりかけの混ぜご飯にすればカラフルになってかわいいですよ。

ご飯よりパン派の子もいるかと思います。

そんなお子さんにはサンドイッチがいいと思います。

はさむのではなく、くるくると巻いたものの方が
食べやすいのでおすすめです。

チーズやたまごを挟んで栄養をプラスするのもいいですし、
ジャムなどを挟んでデザート風にするのもいいですね。

お子さんの好みに合わせて作ってあげてください。

ラップでおにぎりやサンドイッチを作っても、
お弁当箱に入れるときは誤飲を避けるために
ラップを取ってから入れてください。

運動会ですので、親御さんが食べさせる際に
ラップをはがしてあげるのであればついててもいいと思います

お弁当の主菜

魚などの魚介類、お肉、大豆や卵などを主菜といい、
これらはたんぱく質を含んでいます。

魚類を入れるにはシラスをおにぎりに混ぜたり、
白身魚などを焼いて骨をきれいに取り除いて
食べやすく切ったものを入れると良いと思います。

お肉を入れるときは、タコやカニの形に切ったウインナーや、
ひき肉を使ったミートボールやハンバーグがおすすめです。

たこ、カニのウインナーは
見た目がかわいいので喜んで食べてくれます。

ミートボールやハンバーグは小さく作れば食べやすいですし、
一度に多めに作っておいて冷凍しておけば普段の食事にも出せます。

さらに、細かく刻んだ野菜や豆腐などをまぜて作れば、
野菜嫌いな子でも野菜を食べるきっかけにもなりますよね。

卵は卵焼きの中にシラスをいれたり、
こちらも刻んだ野菜を入れたりすることもできます。

刻んだにんじんやほうれん草を混ぜて炒り卵を作るのもいいですね。

他にはうずら卵を目玉焼きにすると
小さくて食べやすいうえに見た目もかわいいですよ。

お弁当の副菜

主に野菜、キノコや海藻などを副菜といい、
ビタミンやミネラル、食物繊維などを含んでいます。

野菜は先ほど言ったように、
卵やハンバーグに混ぜてもいいし、茹でただけの野菜を入れるのもいいと思います。

お弁当作りは朝が早いので、
朝が苦手な方は冷凍食品の茹で野菜を細かく切って使うのもありですね。

お弁当のデザート

デザートはフルーツがいいと思います。
季節の新鮮なフルーツを細かくカットして入れてあげてください。

缶詰を使うと皮をむいたりしなくてもいいので、もう少し楽できますね。

あとはスイートポテトもおいしいのでおすすめです。

作り方は、さつまいも1本皮をむいて、茹でるか電子レンジでチンしたあとに、つぶしたあとに牛乳を適量いれてください。

入れすぎるとゆるゆるになってしまい、形が作れなくなるので少しずつ気を付けながら入れてください。

小さい丸の形を作ったら、卵黄をぬり、トースターで焼き目がつくまで焼いてください。

まとめ

1歳児のお弁当は、270mlの容器のお弁当箱がおすすめです。

そこに主食、主菜、副菜、デザートをバランスよく入れてあげてくださいね。

1歳児ですので、キャラ弁などは必要がないと思いますが、
少しでもかわいいお弁当にしてあげたい方は、

野菜やフルーツをハートや星にくりぬいたり、
100円ショップにお弁当グッズが安く手に入りますのでぜひ探してみてください。