幼児英語教育を始める際に子供自らが『やりたい』
言って始めるより『学ばせたい』と親の考えで始める場合の方が
多いと思いますがどうでしょうか?


実際に英語教育を始めたとき本人が楽しんでやっているのであれば
問題はないのでしょう。
でもやっぱり子供ですから親の言う通りには、なかなかいきません。
親の立場からすれば『子供の将来のために!』『困らないために!』
思って始めようとするのですが
本人はつまらないと感じていたり、もう辞めたいと思っているかもしれません。



親の気持ち子知らず



私が学生の頃、勉強は全然ダメであまり熱心に勉強を頑張った記憶がありません(笑)
もちろん母には『勉強しなさい』『あなたのためよ』と言われ続けていましたが
その時の私の心には全く響かず、勉強しないといけない理由もわかりませんでした。
でも大人になると勉強が大事だったことがだんだんわかってくるんですよね。
もっと勉強しとけばよかった、まじめに学校に行けばよかったと
たくさんの大人が後悔したことでしょう。



そんな大人たちが自分の子供には後悔させたくないと、小さなころから
英語教育を始めます。
でもそんな親の気持ち子知らず・・・
今を全力で生きている子供たちは自分の好きなことがしたいんです。


英語教育に限っての話ではないですが、自分のやりたいことや興味を持ったことでないと
長く続けることは難しいですよね。
無理矢理続けていても身にもなりませんし、意味がありません。
無理強いすることで、逆効果になってしまう事もありえます。


一旦様子を見て嫌そうにしているようであれば残念ですが中断しましょう。
少し間を空けてみてちょっとでも興味がありそうならまた再開してみては
いかがでしょうか?


大人も子供も納得した状態で始めましょう!