皆さんは『臨界期』と言う言葉をご存知ですか?
臨界期と言うのは能力を得るのに適した年齢を過ぎてしまうと
その能力を得るのは難しい
という考え方のことです。
つまり英語を習得しようと思ったら臨界期を過ぎる前に
学んだ方がスムーズだということですね。
語言の臨界期は9歳までと言われているそうです。

中学生からじゃ、もう遅い?



今は一般的に英語の授業は中学生からですが
臨界期は9歳までなので、この考え方だと中学生では遅い
という事になります。
ただ臨界期を過ぎたからと言って、もう英語を習得できないかと言うと
そうではなく、努力すれば並には喋れるようになるそうです。
しかし臨界期を過ぎてしまうと習得にも限界が来てしまいます。
どういう事かというと、いくら頑張ってもネイティブには
なれない
ということです。


ですが臨界期を迎える前に海外に移住したり英語に触れていた子供の脳には
英語がフォーマットされるので、まるで日本人が日本語を喋るように
違和感なく英語を身に着けることが出来ます。

しかし、0歳に近ければ近いだけ良いと言う意見もありながら
一方では早すぎる英語教育をすると日本語も英語も
習得できなくなってしまう可能性があるというデメリットも
問題視されています。
普通日本人の赤ちゃんが日本語を学ぶ時期に英語を取り入れると
どちらも中途半端になってしまう『ダブル・リミテッド』という状態になりうるのです。
1度ダブル・リミテッドになると改善するのはなかなか困難です。


でもこういったデメリットがあっても乳幼児の脳にはいろいろな
可能性が秘められています。
乳幼児期は寂しいくらいにあっという間に過ぎてしまうものですので
その時期を大切に『やっとけばよかったー』と後悔のないようにしたいですね。