人間の記憶力には限界がありますよね。
一度覚えたことでも使わなければいつかはわすれてしまいます。


小学生の時に大好きで覚えた百人一首。
学校の授業でも家でもやっていたのに
中学生になる頃にはもう忘れてしまいました。


人間は街ですれ違った人の顔を本当はすべて記憶していると言う話を
聞いたことがありますか?
夢を見る時にその日あったことを頭の中で整理し
いらない情報は消してしまうのだそうです。


留学して毎日のように英語で会話していた人も
幼少期を海外で過ごした人も
英語を使わない期間が続くと忘れてしまうのだそうです。


英語を忘れないためには家族の協力が不可欠



幼児期の頃から毎日英語を勉強して話せるようになっても
普段使わなければ衰えてしまうし、時間が経てば忘れてしまいます。
小さい時は好奇心いっぱいで色んな事に興味を持っていた子も
ある程度大きくなってもっといろんな経験をすれば
やりたい事とやりたくない事がはっきりしてきます
お金を出してせっかく英語を勉強したのに、大きくなって忘れてしまったら
何の意味もありません。お金と小さい頃の貴重な時間を犠牲にしただけです。


英語を忘れないためには毎日勉強したり日常的に英語でお話しを
したり、忘れてしまわないような工夫が必要ですよね。
日ごろから英語でお話しをしたり、一緒に勉強したり
その協力が毎日続けられるでしょうか?
続けられるのであれば忘れることもないのかもしれません。
子供だけではなく家族や両親の協力が不可欠です。


そして子供が途中で英語を辞めようとしたとき
どのように説得して続けさせますか?
やりたくない事を幼い頃に無理矢理させるのも難しいですよね。
どんなことも楽しみながら学ぶのが一番ですし、そうでなければ続きません。


そういった事も踏まえてもう一度考えてみませんか?