幼児英語教育により、子供をバイリンガルにしたい親はここ最近増えてきています。

そのため、英語を早くから学ばせたりプリスクールで
英語漬けの環境にも慣れさせようとする親も多くなってきました。

しかし、3歳からプリスクールに通わせる事には注意も必要です。
それは、幼児英語教育がデメリットになる可能性です。

日本に住んでいて日本語で生活してきた子供は、
親によって確かに英語にある程度慣れさせてもらってきたかもしれません。
しかし、やはり日本語がベースとして出来ているはずです。

その状態から、英語のみの環境に長い時間いるのは、

かなりのストレスになる事が研究でも分かっているそうです。

幼児英語教育

子供が、ストレスが少なく過ごせるように、
慣れるまで初めは日本語でのサポートもあるスクールかは確認しましょう。

また、いくら一年間毎日プリスクールに通わせていても、
生活のベースは日本語なのですから、一年経てばペラペラになると思わない方が良いです。

幼児期に始め、気長に根気よく続けていく事です。

あまり、子供に結果を求めすぎてしまうとそれは子供にとってのストレスになります。
そして、親のせいで英語アレルギーになってしまう可能性もあるのです。

また、日本語の発達が遅れている幼児には、英語教育はとても大きな負担となりますので、
無理させていないか子供の様子をしっかりみてあげたいですね。