生きていく上で人生の節目節目には様々な難関がありますよね。


●中学、高校、大学受験
●資格試験
●就活においての面接



私はバイトの面接と高校受験しかしたことがありません(笑)
あのプレッシャーと緊張感がどうしてもダメで、これからの人生、経験しなくていいのなら
一生したくないです(笑)


これらの難関を突破することによって、その人の人生は大きく変わっていきます。
私みたいに避けて通るよりも経験したほうが将来可能性は広がりますよね。


こういった難関を突破してきた子供たちのお母さんの子育てにはある特徴が
あることがわかりました。
それは『就学前の遊び』です。

遊びで学べること



就学前にしっかり遊んでいた子供は、そうでない子供より
難関を突破してきた経験が多いのです。

難関を突破してきたお子さんのお母さんによると遊びの主導権は
子供に握らせて自発性を大切にし、好きなことをして遊ばせていたんだそうです。
『いつも一緒にしてきたこと』についても難関を突破してきた
お子さんのお母さんは、一緒に遊んだり絵本の読み聞かせなどが多く
教材を使った勉強や英語教室ではないのだそうです。
また就学前に遊びを重視することで集中力や理解力を育むことが出来ます。
遊びで学んだ集中力や理解力は就学前の勉強への意欲につながります。


そういったことから就学前にしっかり遊んでいたお子さんは難関を突破してきた経験が多いのです。
就学前の遊びが大切だと言われている時期に
教材や教室などで英語の勉強ばかりしていると
幼児期にしかない学びのチャンスを逃してしまう事になります。
また教材や教室では自発性に欠けるため、自ら『やりたい』という
意志を持って学ぶのはちょっと難しいです。


子供の『遊びたい』という意志をしっかり尊重してあげて
一緒に遊んであげることが、今は一番将来の為になりそうです