我が家では、特別に子供に英語教育をしてこなかったのですが、
それは自分がそこまでの余裕がなかったからだと思っています。

子供が赤ちゃんの頃の私は、全く気持ちに余裕が持てず常にピリピリしていたので、
そこに英語を勉強させないとならないと決めてしまったら
より自分を追い詰めてしまい子供にも良くなかったと思うのです。

だから、あの頃英語教育をしてこなかったのは私の場合には正しかったのだと信じています。

英語教育 デメリット

子供に英語を勉強させることが、親のストレスとなりがちなのは?

やると決めたら義務感で突き進まなくてはと考えてしまう真面目な人。

子供の子供ならではの興味のうつりやすさやワガママを柔軟にケースバイケースで受け止められず、1日英語を全くできなかっただけで落ち込む人。

まさにその頃の私はそんな感じでした。

逆に言えば、育児を楽しみながら、子供との遊びの習慣の一つとして英語を考え、
親子で一緒に楽しめるならばデメリットにはならないと思うのです。

むしろ、小さい頃に英語を聴き取る力を育てられて良いでしょう。

私のように、赤ちゃんと暮らすだけでいっぱいいっぱいになっていた人間には
英語教育は重荷でしかなく、やらない選択をしたことを今も納得できています。

親が楽しんでないと子供も英語が嫌になってしまう、だからデメリットにしかならないと思います。ぜひデメリットになるような英語教育だけはやめるようにしましょう♪