幼児英語教育嫌い


幼児期から英語を始めると将来英語が嫌いになってしまう可能性があるそうです。
それが本当なら時間とお金の無駄なのでやらない方がいいという事になりますが・・・


また幼児期に英語教育をしていた子としていない子では
英語の成績に差はあまりないと言うことがわかったそうです。
そのうえ早期英語教育をしていた子には英語嫌いが多いとのことですから
なんだか意味がないですね。
それどころかあまり良い影響を与えないことがわかります。

親が熱心な程子供は英語を嫌いになる



幼い頃の英語の勉強がトラウマになったということでしょうか?
自分の意志とは正反対に英語を強要されれば間違いなく嫌いになります。
また間違った発音をし現地の子に笑われたり、違うと怒られたり
それがトラウマになってしまった子もいるようです。


だから高校生になって英語が嫌いな人は
小さい時に親が一人で英語教育に熱心になりすぎて英語を強要したり
『うちの子は英語ができるんです』なんて自慢して回ったりするような
家の子だったりするそうです。


本当に楽しく勉強できないといつか英語が辛いと思う時期が来るし
小学校、中学校になって英語が義務化され、いざ勉強しないといけなくなった時に
英語が嫌いになってしまえば、他の子との差が広がってしまいます。
そうなってしまっては本末転倒だし逆にマイナスになってしまいます。


そうならない為にも子供が楽しく英語を学べるように最後まで責任をもって
努力しましょう。
無理に幼児期に始めなくても日本では遅かれ早かれ英語教育が義務化される時が
来ますから小学校、中学校で義務化されてからを待つという方法もあります。


もう一度早期英語教育について見直してましょう。