長時間のテレビやDVD、スマートフォンが体に良くないことは
誰もが知っていること。
大人でもよくないのですから、幼児のメディア漬けはもってのほかですよね。
皆さんはどうやって英語教育をしていますか?
最近の英語教育に使用する教材にはどのような教材があるのでしょうか?
プレスクールや英語教室など、『ちょっと家にはハードル高いわ!』
っていう家庭ではテレビや絵本、DVDなどで気軽に英語教育を始めることがあります。
また小学生でも携帯を持っている時代ですから英語教育にはピッタリのアプリも最近はたくさん
出ていますよね。


テレビやスマートフォンがよくないとわかっていても
英語共育だからとついつい長時間見せていることはありませんか?
そもそも長時間テレビを見ることでどういった悪影響があるのでしょうか?

テレビが与える悪影響



●言葉数が少なくなる
●コミニュケーション能力の低下
●運動不足
●落ち着きがなくなる
etc…..



DVDやテレビを使って子供に英語を学ばせるとき
見せるだけ見せておいて放置!ってことはありませんか?
これ本当にやっちゃいけないことなんですよ!


テレビはしきりに喋っていますが、一方的に喋っているだけで
会話をすることはできません。
その状況を続けていると人と会話しないことに慣れてしまい
言葉数の少ない子供になってしまいます。
また視聴時間1時間ごとに7歳になった時の注意欠陥障害になる確率が10パーセント
高くなるのだそうです。
それでも安く気軽に始められることから、テレビやDVDで英語に触れさせたいと
思うお母さんも多いでしょう。
そんな時は子供一人で見させないこと。
家族も一緒になって、コミニュケーションをとりながらにしましょう。
つけっぱなしにも注意して時間を決めましょう。