ベビー英会話

子供の習い事ランキングで、
常に上位にランクインしている英会話。

これからの国際化社会において、
語学力は必要不可欠ですよね。

最近では、英語で保育を行う幼稚園も登場し、
英語教育のスタート時期が低年齢化しています。

乳幼児期から英語に触れさせたい!
と考える親御さんも多いです。

そこで、気になるベビー英会話について調べてみました。

ベビー英会話ってどこで習うの?

一言でベビー英会話と言っても、大手英会話スクールから知育教室、
また個人で開いているお教室など、様々な種類があります。

レッスン形態も、グループだったりマンツーマンだったり、
親子レッスンだったりと多種多様なので、ニーズに合わせて教室を選べます。

月謝はどれくらい必要?

習い事を決めるのに、月謝がいくらか
というのは重要なポイントですよね。

ベビー英会話を習うには、だいたいいくら必要なのでしょうか。

英会話スクール大手のイーオンやECC、
アルク、音楽教室でも有名なヤマハや、
通信教育大手のベネッセのベビー英会話コースの月謝を調べると、
少なくとも5000円前後、多ければ20000円弱でした。

先述の通り、各お教室でレッスン形態が違うので、
月謝の値段にも差がありました。

どのスクールも共通して、
講師が日本人よりネイティブの方が、
グループレッスンよりマンツーマンレッスンの方が割高になっています。

ベビー英会話の平均的に月謝は8000円〜と考えるべき!

せっかく早くからベビー英会話を始めても、
月謝を払うのが大変で途中でリタイア…
なんてことにならないように、

家計と綿密に相談してから始めなければなりません。

上に挙げたメジャーな英会話スクールでも、
レッスン形態によって差がありますが、
平均して約8000円程の月謝が必要だと考えてください。

その他、教材費や会費などが必要になる場合もあります。
ただ、今回調べた大手以外にも、個人で開いているお教室などもあります。

そういったお教室はもう少しお安いお月謝かもしれません。

まとめ

英語教育の低年齢化が進み、
2020年には小学校でも英語の授業が本格的に始まります。

子供本人のためにも、是非とも早い時期から英語に触れさせたいですよね。