赤ちゃん英語教育

皆さん英語が話せますか?

私は残念ながら英語が話せるどころか、英語のスペルを読むことも危ういことが多いです。

グローバル社会が進む中、英会話はだんだんと必須スキルとなりつつあります。

英語を始めるなら赤ちゃんのうちからが良いと聞いたことがありますよね。

自分の周りのご家庭でも赤ちゃんの時から、英語教育を始めているご家庭も少なくはないかと思います。

しかし、本当に赤ちゃんの時から英語教育を始めた方が良いのでしょうか。

そんな早期に英語教育を始めて何か影響は無いのでしょうか。

今回、ご紹介するテーマは「赤ちゃんの英語教育」についてご紹介いたします。

実は賛否両論な赤ちゃんへの英語教育

赤ちゃん英語教育

英語教育を始めるなら赤ちゃんのうちに始めたほうがいいとよく耳にします。

でも実は「赤ちゃんのうちの方が、英語を聞き分けやすい」という一方、「あまり早期に英語ばかり聴かせるのは、日本語に影響がある」など、

色々な意見が飛び交っており、はっきりとした答えが出ていないのが現状です。

確かに、英語を覚えさせるのに躍起になり日本語を排除したような極端な日常は、日本語を覚える機会を奪います。

ですが、小さい時期の方が耳で聞くという能力が成長しやすいため、英語に慣らしておくという点では決して悪いことではないです。

もし、赤ちゃんのうちから英語を教えたいのであれば教え方に注意し、赤ちゃんでも英語に楽しく親しめるような工夫が必要となってきます。

赤ちゃんの英語教育を始める時期はいつから?

赤ちゃん英語教育

赤ちゃんは0~2歳の時期は聞いた音をどんどん吸収する力が備わっています。

お腹の中にいるときからママの声を聞き、生まれてからもママやパパ、周りの人の声を聞き覚えていきます。

繰り返し聞くことで耳から脳に信号が送られ、言葉として認識されるのです。

たとえ母国語ではなくても、繰り返し聞くうちに耳と脳が認識し、聞き取りができるようになります。

その為、この音を吸収する時期に英語のリスニングなどを始めるのが効果的です。

赤ちゃんと一緒に英語の歌を楽しもう!

赤ちゃん英語教育

赤ちゃんは脳の成長が著しく、聞いた音をグングン吸収します。

早くから英語に触れることで、日本語では発音しないLとRを聞き分けられる可能性もあります。

英語に触れ合うには歌などがおすすめです。

DVDやCD、最近では動画サイトで海外のチャンネルも見られるので簡単に英語の歌を見つけられます。

ただあまり長時間ですと、日本語の発達に影響を与える恐れがあるため1日30分~1時間くらいに留める方が良いでしょう。

赤ちゃんへの英語教育まとめ

赤ちゃん英語教育

赤ちゃんの英語教育についてご紹介させていただきました。

赤ちゃんへの英語教育は賛否両論がありますが、英語教育を始める場合はメリット、デメリットを踏まえ、英語に触れ合うことが大切です。

また、英語教育を始める時期は0~2歳が聞き取る力が高いため歌などから始めるのが良いでしょう。

高橋高橋

私は子供が2人おりますが英語教育をまだ始める予定はありません。

通っているこども園で月に1度英語の先生が来て英語を教えてくれるためです。

もし、子供たちが自分から英語を習いたいと言われたら英語教育を始めようかと思います。

皆さんも親子で楽しく英語に触れ合ってくださいね。