幼稚園児

子供に習わせたい習い事で上位にランクインしている「英語」

英語が話せれば将来、
役立つこと間違いなしです。

でも、幼稚園児に英語を教える場合、
どうやって教えたらいいんでしょうか?



幼稚園児に英語を教えるメリットデメリットは?

幼稚園児

幼稚園児に英語を教える前に、
メリットデメリットを理解しておきましょう。

メリットは、
上達の速さです。

幼稚園児の頃は吸収力が高いので、
習ったことをすぐに覚えることができます。

また、聞く力も大人より優れているので、
正しい発音を身に着けやすいです。

学校に通うようになって英語を習うようになった時、
抵抗を感じずに済むのもメリットでしょう。

デメリットは、
日本語とごちゃ混ぜになって、正しい日本語を話せなくなる可能性があること。

いろんな言葉を覚えている段階なので、
英語と日本語の区別がつかなくなり、
ごちゃ混ぜになってしまうことがあるんですよね。

英語を覚えることができない子もいるので、
挫折を味わってしまうこともあります。

そのままトラウマになって、
英語嫌いになるなんてことも。

子供によって違いはあるので、
メリットデメリットを踏まえた上で英語を教えるかどうか判断しましょう。



幼稚園児に英語を教えるのは専門家じゃないと無理なのか

幼稚園児

英語が苦手なお母さん、
多いんじゃないでしょうか?

私も簡単な英単語ぐらいしか分かりません。

そんな状態で、
子供に英語を教えることができるのか不安ですよね。

英語教室など、
専門家に任せるしかないんでしょうか?

答えは、ノー。

英語が苦手でも、
教えることはできます

英語の発音は、
英語の歌のCDなどで覚えることが可能です。



幼稚園児に英語を教える方法

幼稚園児

家庭で英語を教えるときは、
いきなり英単語を教えるのではなく、
2つのステップに分けて勉強させます。

ステップ1聞く

英語の歌や英語の映像を使って、
英語の音を聞かせることから始めます。

初めて英語に触れるとき、
違和感を覚えます。

なので、
繰り返し英語の音を聞かせて、
違和感を無くしていきましょう。

無理に聞かせる必要はないので、
BGM感覚で英語の歌を流してください。

英語に興味を持ち始めたら、
NHKの「えいごであそぼ」などの
映像も見せるようにするといいですよ。

ステップ2読む

英語に慣れてきたら、
次は英語を読む練習をします。

中学生のとき、
英単語を覚えるために単語帳を使った人も多いですよね。

子供の場合も、
同じようなものを用意しましょう。

だけど、文字だけでは分かりにくいのでイラストと一緒に書かれたものを
使ってください。

イラストを描いてその下に英単語を書けば大丈夫なので、
お母さんが手作りするのもおすすめですよ。

幼稚園児に英語を話す力をつけるには?

幼稚園児

英語を聞いたり、
読むことに慣れてきたら、
英語を話せるようにしたくなりますよね。

でも、これは家庭で教えるのは難しいです。

英会話は、
対人コミュニケーションを取りながらの方が覚えやすいので、
英会話教室などに通うことを検討しましょう。

英語を書く練習は急がなくて大丈夫

幼稚園児

英語を話せても、
書けないと意味がありませんよね。

だけど、英語を書く練習は後からで大丈夫

英語をきちんと理解していない状態で、
書く練習をしても覚えるのが大変です。

ある程度、
英語を理解できるようになってから書く練習をしましょう。

まとめ

幼稚園児

幼稚園児に英語を教えるとき、
注意して欲しいことが1つあります。

何が何でも英語を覚えさせると、
躍起にならないこと。

お母さんが必死になればなるほど、
子供には負担が大きくなります。

遊びを取り入れながらの方が、
幼稚園児の頃は覚えやすいです。
なので、肩の力を抜いて気楽な気持ちで始めましょう。