入園や入学が近付くと名前付け作業に
追われる日々がやってきます。

最近は自分で名前を書くよりも、
シールやスタンプ、アイロンプリント
などでキレイに仕上げてくる人が
ほとんどです。

名前を付ける量も多いので、シールやスタンプはとても便利なんですが、両方必要?買うならどっち?長く使えて便利なのは?

そんな、シールとスタンプで悩んでいるママに参考になればと思い調べてみました!

おなまえシールのメリットとデメリット

メリット

コップ、お弁当箱、水筒、トリオセットなど洗うものに貼っても取れないしにじまないのは本当に便利です。

シールは失敗してもすぐにはがせますし、そもそも貼るだけなので、お子さんにも「お手伝いね」と言って作業を手伝ってもらえば、教育の一環にもなって一石二鳥。

余ったシールは印刷してないものなら漢字で書くようになったら漢字に直したり、兄弟にまわしたりできるのも嬉しいポイントです。

デメリット

名前シールのイラストが他の子と被る可能性があります。

男の子でも女の子でもその時のお気に入りキャラクターはお友達も気に入っていることが多いので、文字が読めない年齢の頃は自分の持ち物がわからなくなってしまうこともあります。

園では最初にイラストで個人の持ち物を区別することが多いので、園のイラストと、お名前シールのイラストの違いで子供が混乱する可能性があります。

また、貼れる素材のものがわかれていますので、布用、防水タイプ、道具用、などそれぞれにわけて用意する必要があります。

おなまえスタンプのメリットとデメリット

メリット

スタンプはシールより押せる素材が
多く、布製品、紙製品、プラスチック
などに押すことが出来ます。

オムツに関してはスタンプがマスト!シールを貼るのは勿体無いですし、手書きだとマジックがにじんでしまうことが多いのでスタンプは本当におすすめです。

兄弟で使いたいママは、文字を組み替えられるタイプのスタンプがコストパフォーマンス的に優れていそうですね。

デメリット

コップの側面などカーブしたものには押しにくいです。

失敗すると落ちないので専用のクリーナーが必要になってきてしまいます。

使いこむとインクが多少落ちてくることもあります。

まとめ

名前シールと名前スタンプ、どちらも、いいところも悪いところもあることがわかりました。

これにはシール、これにはスタンプと使い分けすると一番いいのではないかな?と思います。長い目で見ても充分元は取れます。

また、シールとスタンプをまとめてセットにしているネットショップもたくさんありますので、どちらにするか迷うならどっちも買ってしまっても損はしません!

時短で綺麗にしあがるんですから、使わない手はないと思います!