ドラキッズ

幼稚園入園を考え始めたときに、選択肢として私立幼稚園も考えたい。

でも私立幼稚園は高そうだしなぁ…。と、お悩み始める親は多いですよね。

確かに、ある調査では公立幼稚園の費用は月に14,000円ほど、一方私立幼稚園は月に40,000円と、一般家庭にとっては結構な差額があります。

「やっぱ私立幼稚園は無理なのかなぁ」とお考えの方に朗報です!

幼稚園に通うための補助金がもらえることがあるのです!

今日は幼稚園の補助金についてご紹介します。



私立幼稚園就園奨励費補助金

ドラゼミ

多くの各自治体に設置されている補助金制度です。

私立幼稚園に通わせる場合に限り、入園料や保育料などの負担を減らすために、国の補助などを受けて全国の各自治体が助成している制度です。

こちらには所得制限のない就園費助成金と所得制限や兄弟の有無が関わる就園奨励費助成金があります。

ある自治体では、就園費補助金で満3歳から年長クラスに在籍する園児の保護者に前期で10,000円、後期で10,000円の計年間20,000円も受け取ることができます。

また、九州の他の自治体では生活保護世帯か、市民税非課税世帯か、及び所得額や第何子かによって細かく額が分けられていて、最大年間308,000円受け取ることができる自治体もあり、かなり幅広いです。

しっかりとお住まいの自治体や希望する幼稚園の自治体について調べましょう。



幼稚園補助金申請に必要な書類

ほっぺんくらぶ

自治体や幼稚園によっても変わってきますが、多くの自治体で「納税通知書」、「特別徴収税額通知書」「課税内容証明書」「幼稚園や自治体から配布される申請書」等が必要となります。

入園準備の時にドタバタしないためにも早めに準備や申請等を終わらせておきましょう。

なお、書類の不備を含め、申請期限を過ぎてしまうと当然補助金はもらえませんので、自治体や幼稚園に確認をして不備のないようにしておきましょう。



自治体独自の幼稚園の補助金制度もある

ドラゼミ

ある自治体では私立幼稚園等へ支払い済みの入園料に対する補助金が受け取れます。

補助限度額は、「お子さん一人につき一回限り45,000円」です。

45,000円も浮けば生活費にも貯金にもだいぶ回せますね。

しかもこちらの自治体は保護者の所得制限はないため、嬉しいばかりです。

知らなければもったいないのでしっかりと調べましょう。

まとめ

Z会

いかがでしたか。

私立幼稚園就園奨励費補助金が代表的な補助金として挙げられますが、各自治体によって制度の詳細や仕組み、申請方法等が違いますので、詳しくは該当の自治体へお問い合わせください。

また、私立幼稚園就園奨励費補助金以外にも自治体が独自に行っているありがたい補助金制度もしっかりと有効活用して大切な子どものために一番合った幼稚園を見つけてあげてくださいね。