昨今、幼児英語教育の重要性とそのメリット・デメリットが言われていますが、
幼児英語教育を語る時の「英語教育」という言葉が曖昧すぎると思っています。

例えば、小学校・中学校で始まる英語の授業対策なのか、
さらに先に待っている高校・大学受験のための英語教育なのか、
それとも受験英語ではなく実践的に使える英語でのコミュニケーション能力を育むための英語教育なのか。

学校の授業・受験対策のための幼児英語教育をするなら、
英語が話せるようになるという意識は捨てなければいけないと思います。

ただ、実践的に使える英語教育といっても、週に1、2回英語教室に通わせていれば
いつのまにかネイティブのように話せるようになるとは思いません。

何故なら、ネイティブはその言葉が溢れている空間で24時間過ごしているからです。

そこで、日本語ネイティブとして成長中に、他言語のネイティブにするような教育ではなく、
成長とともに日本語以外の言語や文化の存在に気がつくこと。

それに対して、物怖じしないような人になるような教育をするのが
幼児英語教育で重要なポイントの一つになるのではないかと思います。

また他の部分に重きを置くとしても、漠然とした目標ではなく、
しっかりとした目的を持つことが幼児英語教育を成功に導くことになると思います。