1歳頃になり育児にも少し慣れてくると、

さて子供に何か習い事でもはじめようか、と考えて色々調べる母親が多いと思います。

そして幼児期しかない脳の働きを知ると、
子供に早く英語教育を始めなければ、と焦りだすこともあるでしょう。

でも私は、まずは落ち着いて欲しいと思います。

子どもの英語教育

確かに、親に与えられた恵まれた環境に育ち、様々なことに才能を開花させていくお子さんもいます。

でも、それは本人もそれを楽しめて、幼児期の親主導の頃を過ぎても自主的にやる場合だけです。

環境に恵まれずとも、興味を持って英語を自分で話したい、
コミュニケーションを外国人と取りたいという熱意がある方が、

とりあえず親から言われたように英語を勉強させられてきた子供よりも、
ぐーんと伸びる可能性が高いです。

幼児期に英語を始めないと確かに、幼児期に英語を聴かせてもらっていた子供より苦労はするでしょう。
並みの努力ではネイティヴレベルの英語に到達はしないのかもしれません。

でも英語を生業とするのでなければ、外国人とコミュニケーションをとる分には全く問題はないはずです。

日本人が、外国人と間違われるほどの発音でないとならない、
というちゃんとした理由がある親には、幼児に英語教育をするのは必要性があると思います。

しかし、ほとんどの日本人家庭では、必ずしも幼児期に英語教育をしなくても、
将来もし必要になった時には自分でなんとかすると信じて良いのでは、と感じます。