日本人でも、中学から始めた英語教育でも
英語力をつけて国際的に活躍している人もいます。

教科書を覚えるだけでも、実は外国人ともある程度話せます。

なぜ、それなのに英語が話せないと思ってしまう日本人が多いのかというと・・

・文法にこだわりすぎること
・ヒアリングがあまり得意でないこと
・話す機会が日頃ないのでいざ話すときにパニックになってしまう

からでしょう。

幼児英語

自分がそうなってしまった親ほど、
子には英語を話すことが出来るようにしてあげたいと考えるようです。

幼児期に英語を教えないと、英語は学校で始まったら
一気に受験のための英語となりがちです。

そうなると、ついつい英語を話すのにも文法ありきとなり、
なかなかすぐに言葉が出てきません。

そしてどんどん英会話への苦手意識を募らせていくのです。

そう思えば、小さい頃に英語を教えてもらい、

文法はデタラメでも話して外国人に通じる経験をさせてもらってきた子供は強いです。

簡単な話なら、単語をつなげただけでもとりあえずは通じたりもします。

まずは、英語を話すこと、外国人と英語で会話するのを苦手にしないことが
今の日本人には必要なので、小さい頃の英語を使う経験は、必要なものだと感じます。

全体の英語の成功体験を積ませるのは、英語のマスターには効果的だと思います。