英語教育を幼児から行うことには、賛否両論あります。

わたしは賛成派でも反対派でもありませんが、
メリットとデメリット両方について考察してみたいと思います

幼児期から英語教育を受けることのメリットですが、
耳が英語の周波数帯域に合いやすくなることでしょうか。

これはもちろん英語のネイティブスピーカーに習うことを想定しています。

ご存知のように英語は日本語にない高音を含んでいます。

これを聞き取るには大人になってから訓練するより、
幼児期に慣れてしまったほうが良いでしょう。
当然、英語のリスニングで中学、高校で苦労することは無いでしょう。

そして、英語を使って論理的に思考するというプロセスも、自然と刷り込まれます。

日本人は内向きで、議論が下手、という評判ですが、
幼児期から訓練することで、それも克服できるでしょう。

子供時代から英語をならい、中学、高校はインターナショナルスクール、
そして上智やICUのような英語で講義を受ける大学に入るとすれば、国内にいながら、また違った人生が開けてくるでしょう。

デメリットですが、これは何でもそうですが、
あまり好きでもないものを無理に押し付けると、本当に嫌いになってしまうことでしょうか。

子供が少し大きくなって自然と関心を持つまで待つのも、1つの手だと思います。
どちらにしても、英語をうまく活用して、世界に羽ばたいて欲しいと思います。”