数字に強くなる そろばん 公文

子どもの勉強でもっと頑張ってもらいたい教科は皆さん色々とあるかと思いますが、一番は算数(数学)という方が多いのではないでしょうか?まずは、数字に強くなる基礎力をつけてほしい!塾に通わせたいけど、どこが良いのか分からない・・そんな方の参考になるように、今回は公文とそろばん教室の比較をしていきたいと思います。

公文の勉強方法

数字に強くなる そろばん 公文

塾の中でも、公文は特に賛否が分かれます。それは何故かというと、計算式をひたすら解き続けるというのが公文の勉強スタイルだからです。

メリット・デメリット

公文に通うメリットの1つに、勉強モードに入りやすい雰囲気ということがあります。ですが、これは教室にもよります。出来るだけ人数の多い、小さい子から中学生までが通える教室の方が、指導者の人数も多いので良いという意見もありました。

高橋高橋

公文は教室の他に自宅用のプリントもあるそうですよ!そうなると、学校の宿題とあわせてかなり勉強時間をとられることになります。子どもが「やらされている」と思うようになったら絶対に続きませんから、よく考えて決めた方がよさそうです。

<賛成派>
・解くスピードがどんどん速くなって楽しい。
・学校のテストが短時間で終わるので見直しに時間を使える。
・年齢は関係なく先の問題にもチャレンジできる。

<否定派>
・毎日同じ勉強方法でつまらない。
・文章問題の力はつかない気がする。
・算数式を解くだけなら家でも出来る。

指導者で大きな差が出る

数字に強くなる そろばん 公文

やはり一番は指導者次第ということでしょう。どこの公文でも算数式をひたすら説く勉強方法は同じですから、中には事務的にただプリントを配るだけといった感じの指導者もいます。

一度見学に行ったり、お試しの無料体験を利用して、その教室の雰囲気や指導者を見ておくと良いですよ。

そろばん教室

数字に強くなる そろばん 公文

暗算力を身につけるなら、断然そろばんという意見が多く聞かれます。公文式と違い、そろばんは教室や年齢によって内容が異なります。

多くの教室では、その学年で習っている算数の内容を取り入れたり、年齢が上がってくると読み上げ算やドリルも始めます。頭の中にそろばんを置いて計算できるようになるので、大人になっても暗算できて仕事や買い物に便利という意見が多いですよ。

右脳が活性化される

そろばんをやっていない人には分からない感覚なのですが、計算するときに頭の中にそろばんがセットされ、ものすごいスピードでそろばんをはじいてしまうのだとか・・

計算に使うのは左脳ですが、そろばんでの計算は左脳と右脳の両方を使うと言われています。右脳が活性化されることで記憶力が良くなり、暗記モノにも強くなったという人もいます。もちろん、そろばんを使える人すべてに言えることではありませんが、算数式を解くスピード以外にもメリットはありそうですね。

メリット・デメリット

数字に強くなる そろばん 公文

<賛成派>
・指先を使うし、左脳と右脳を両方鍛えることができるため知能の発達が期待できる。
・とにかく暗算が早くなる上に、計算ミスが少なくなる。
・集中力が高まる。

<否定派>
・このパソコン時代にそろばんは必要ない。(エクセルや電卓を使えば一瞬)
・計算力や集中力は上がるかもしれないが、それ以外は弱い気がする。

高橋高橋

デメリットに関しては、かなりそろばん否定派な感じがしますね・・ 確かに普段はそろばんを使う機会は少ないですが、主婦は買物しながら計算することが多かったりしませんか?頭の中にそろばんが出てくる私の友人は、3ケタくらいのかけ算なら簡単に出来ちゃうんですって!

まとめ

数字に強くなる そろばん 公文

公文もそろばんも計算が早くなることは間違いないようですが、
結局は本人のやる気次第!その子の向き不向きが大きいようですね。

数字に強くなる意外にも、集中力がついたり忍耐強くなったりするという意見が多かったので、
他の面にも良い影響があるように思います。

あとは、無料体験や下調べをしっかりとしてから申し込むようにしましょうね。