キッズパル

幼児教室っていろいろあって、
どこがいいのか悩んじゃいますよね。

今回は、
ミキハウス監修のキッズパルと、
小学館監修のドラキッズを比較してみたいと思います。

キッズパルとは?

キッズパル

キッズパルについて、
簡単に説明します。

キッズパルは、
子供服のミキハウスが監修する幼児教室です。

満1歳から通うことができ、
小学2年生までを対象としています。

総合教育コース、英会話コースがあり、
地域限定のクラスもありますよ。

教室は、
百貨店の中にあります。

そのため、
教室の数は少ないです。

キッズパルとドラキッズの教育理念

キッズパル

キッズパルの教育コンセプトは、
「がんばる脳」「まるい心」を育てること。

観察力、考える力、やり抜く力、コミュニケーション力、行動力などを育てながら、
思いやる心、チャレンジする心、受け入れる心、自立する心、感じる心を育てていきます。

ドラキッズは、
5つのカテゴリーに分けた学習を通して、
「あきらめないこころ」「折れないこころ」を育てていきます。
あたま、心、身体をバランス良く育てていくことができますよ。

キッズパルのやり抜く力、行動力、チャレンジする心は、
ドラキッズのあきらめないこころと、
考えは同じと言えます。

なので、
教育理念に関しては大きな違いはないと言えるでしょう。

キッズパルとドラキッズの勉強内容

キッズパル

キッズパルとドラキッズではどのように勉強を教えてくれるのか、
それぞれの勉強内容を見てみましょう。

キッズパル

総合教育コース
・満1歳:にこにこクラス
・1~2歳:すくすくクラス
・2~3歳:のびのびクラス
・3~4歳:わくわくクラス
・4~5歳:ぐんぐんクラス
・5~6歳:きらきらクラス
・小1クラス
・小2クラス

英会話コース
・満1歳:プレワラビークラス
・1~2歳:ワラビークラス
・2~3歳:カンガルークラス
・3~4歳:ウォンバットクラス
・4~5歳:コアラクラス
・5~6歳:エミュークラス

総合教育コースでは、
身体を動かす「フィットネス&リズミック」
遊具、楽器、知育玩具を使って遊ぶ「ハンズオンタイム」
プリントを使う「シートタイム」の3つの授業があります。

フィットネス&リズミック→ハンズオンタイム→シートタイムの順番で、
授業は進んでいきます。

わくわくクラスになると、
フィットネス&リズミックの授業はなくなります。

代わりに、
文字や数のトレーニングです。

小学生になると、
国語と算数の授業に分かれます。

英会話コースでは、
歌や遊びを通して英語を勉強します。
ウォンバットクラスになると、
ワークの時間もありますよ。

ドラキッズ

ドラキッズの勉強内容は、
キッズパルとほとんど変わりはありません

キッズパルでは、
フィットネス&リズミックとハンズオンタイムの2つに分かれていますが、
ドラキッズではそれは一緒の授業になっています。

キッズパルとドラキッズの大きな違いは?

キッズパル
授業内容などを見ると、
キッズパルとドラキッズに大きな違いはないように思いますよね。

でも、
1つだけ大きな違いがあるんです。

それは、
課外授業
キッズパルには課外授業があります。

教室の中では体験できない、
農作物収穫などを通して本物体験ができます。

キッズパルとドラキッズの料金の違い

キッズパル

キッズパル ドラキッズ
入会金 10,000円 10,000円
月謝 総合教育コース8,000円(小学生は9,000円)
英会話コース12,000円
8,000円
教材費など 年間42,000円前後 年間40,000円~

キッズパルは月謝が高いと言われていますが、
ドラキッズと比べると大きな差はないようです。

幼児教室の中には、
月謝が6,000円程度の所もあります。

だけど、
入会金が高い場合もあるので、
トータルで考えると料金の差はないと言えるでしょう。

まとめ

キッズパル

キッズパルとドラキッズは似たような幼児教室なので、
まずは、
体験教室に参加してみてはいかがでしょうか?

教えてくれる先生によっても教室の雰囲気は変わるので、
どちらの教室の方がいいか、
比較してみることをおすすめします。

キッズパルは百貨店、
ドラキッズはイオンモールに教室があるので、
キッズパルに通う子供は富裕層が多く、
ママ達の輪に入れないという口コミも目にしました。

その点も、チェックしてみるといいでしょう。