ショッピング施設などの中に、入っている幼児教室「ドラキッズ 」。
「360°の感動で学ぶ姿勢を刺激する」ことをメソッドとして開催されています。

スタッフの先生は幼稚園教諭や保育士の資格を持つ方で、
「子どもが好きな幼児教室ランキング」で1位になっている教室です。

人気はあってもいきなり入学するのは怖いものですね。
それでドラキッズの授業を体験してみることをオススメします。

しかしドラキッズの体験レッスンは随時募集しているわけではありません。

そこで、今日はドラキッズを体験できるどんな方法があるかを紹介していきます。

ドラキッズの体験ブース

店頭で時々、お試しの体験ブースを出している時があります。
ドラキッズ相談ディスクと一緒にでていることもあるようです。

はるかはるか

子供と体験した時は、動物や魚の絵にクレヨンで色を塗るというものでした。上手にできない我が子でしたが、先生のリードがとてもうまくて、できる・できないに関わらず楽しくやりましょう♪と言ってくださったことが印象的でした 。実際かなり楽しんでました。

ドラキッズが体験出来る教室解放デー

ドラキッズのHPに「お知らせ」の欄があるのですが、その中に幼児教室ドラキッズ「○月度募集教室一覧」という案内がされていることがあります。

それを見てみると「募集教室一覧」が表示され、その一覧にはまれに「教室開放デー」を見つけることができます。

この「教室開放デー」の時は、一般にも開放されイベントが開催されることもあります。遊びがてら行く方もいらっしゃるようですよ。

残念なのは、それほど頻繁に開催されてはいないということ。内容によっては体験とは言えない場合もあるかもしれませんが、それでも行ってみる価値はありそうです。

ドラキッズ体験ライブ

対象年齢は2歳児と3歳児と限られていますが、季節の節目などで、ドラキッズの魅力を最大限感じることができる『ドラキッズ体感ライブ』という体験教室を不定期でおこなっています。

合わせて8組限定の少人数の教室なのが魅力的です。
もちろん参加費は無料です。

体験教室をおこなっているドラキッズの教室は限られているので、
どの教室がいつ開催しているのかをチェックしてみてください。

定員があるので、早めに締め切りがきてしまうかもしれません。

ホームページをこまめにチェックして、素早く受付してもらえる様に準備しておきたいですね。

ドラキッズの体験レッスン

随時体験レッスンはしていないのですが、提携しているイーコラボという英語に特化したコースでは体験レッスンもしているようです。

ドラキッズも含め、コースの内訳も記載しておきますね。

総合教育コース

・満1歳 クラスベビー
・1~2歳 クラスワン
・2~3歳 クラスツー
・3~4歳 クラススリー
・4~5歳 クラスフォー
・5~6歳 クラスファイブ

・小1クラス(国語・算数・総合学習)
・小2クラス(国語・算数)
・小3クラス(国語・算数)

英語コース(イーコラボ)

 
・1~3歳 Pre-Kidsクラス
・3~6歳 Kids1クラス
・小学1~3年生 Kids2クラス
・小学4~6年生 Kids3クラス
・小学5~6年生 中学準備コース

ドラキッズの体験では教材はどんなものを使っているの?

普段は様々な刺激に触れて欲しいとの願いから、家でも楽しみながら学習できる教材が充実しています。

体験プログラムや お試し体験ブースでは、 塗り絵をしたり、絵カードや町の地図を使って絵合わせをしたり、歌や手遊びを行うようです。音楽に合わせてのダンスが行われることもあるようです。

ドラキッズの体験前に見学してみるのもあり

部屋の外からにはなってしまうようですが、見学は随時受け付けています。
予約はホームページから行うのが便利そうですよ。

フォームにお住まいの地域を入れると、お近くの教室がピックアップされます。
どのクラスに申し込むか、日時を選んでから、個人情報の入力ページへ進みます。

先に詳しい資料が見たい方は、資料請求もできます。

資料請求したら勧誘がシツコイのでは…と心配になられる方もいらっしゃると思いますが…

はるかはるか

資料請求した際は近隣のドラキッズの担当者から電話が一本あっただけでした。その際も「詳しく説明が聞きたい場合や見学したい場合はご連絡ください」程度の簡単な電話でした。

資料請求はコチラからできます。

→  幼児教室ドラキッズ

まとめ

ドラキッズはしっかり勉強を習わせたい!という理由ではなく、無理なく楽しませつつ、集団に慣れさせる…そんな理由ではじめるお宅が多いようです。

お受験のために通いたいと思われてる方には、教材も子供の興味の引くものが多かったりするので、物足りないとの口コミも見られました。

ドラキッズはショッピングモールに併設されているところが多いので、先生方に預けて一人でショッピングを楽しまれるママも多いようですよ。

ママにとっても、ちょっとしたリフレッシュタイムになるのですね。

案ずるより生むが易しです。1度体験されてみてはいかがでしょうか?