100玉そろばん

みなさんは、
100玉そろばんって聞いたことがありますか?

名前の通り、玉が100個ついたそろばんの知育玩具です。

幼児教育にいいと言われ、
いいこと尽くめのようですが、
デメリットはないんでしょうか?

100玉そろばんって何?

100玉そろばん

そろばんは、上に玉が1つ、
下に玉が4つありますよね。

100玉そろばんはその区別がなく、
1つの棒に10個の玉が並んでいます。

10個の玉が付いた棒が10本あり、合計100玉。

玉の大きさは普通のそろばんよりも大きく、
幼児の小さな手でも扱いやすくなっています。

100玉そろばんの使い方

100玉そろばん

ネットで検索するといろんな使い方が出てきますが、
その中から私がおすすめしたい使い方を紹介しますね。

使い方が簡単で、
小さな子供でも楽しく使えるようになると思いますよ。

数を数える

まずは、
数を数える練習から始めましょう。

玉をすべて端に寄せたら、
1個ずつ数えながら反対側に寄せていきます。

慣れてきたら、
「2、4、6、…」と数を飛ばしながら数えるのもありですよ。

小さい子は数を数えられないので、
子供の動きに合わせて、
数字を教えるといいですよ。

「10、9、8、…」と、
数が減っていくパターンも練習しましょう。

数を分ける

「1と9で10」「2と8で10」のように、
数を分けてみましょう。

もしかしたら、
10だと数が大きくて理解できない場合もあるかもしれません。

そのときは、
小さい数から始めてください。

「1と4で5」、「2と3で5」のように、
5で始めてみて。

足し算引き算

数を分けることがマスターできたら、
足し算引き算もできるようになりますよ。

まずは、
繰り上がり繰り下がりのない足し算引き算から始めましょう。

やり方

すべての玉を右に寄せておきましょう。

1+1
→1個を左端に寄せたら、
もう1個も左端に寄せて
「足したら2になるね」って教えます。

5-1
→5個の玉を左端に寄せ、
そこから1個を取って、
「1引いたら4になるね」教えます。

数の位を覚える

100玉そろばんは10個の棒があるので、
それを利用して位を覚えさせましょう。

1番上の列を1の位
2番目の列を10の位
3番目の列を100の位というように、
位を分けていきます。

位を覚えたら、
ルールを作りましょう。

このルールが、
足し算引き算の繰り上がり繰り下がりに重要になってきます。

・1列10玉揃うと1つ上の位の玉と1つと交換できる(繰り上がり)
・玉1つは1つ下の位10玉と交換できる(繰り下がり)

繰り上がり繰り下がりのやり方

すべての玉を右に寄せておきましょう。

84+22

1.10の位に8玉、1の位に4玉を左に寄せる。
2.20を足す。10の位で2玉を左に寄せると10玉になるので、全部を右端に寄せて100の位の1玉を左に寄せる。
3.2を足す。1の位で2玉を左に寄せる。

答えが106になればオッケー。


108-83

1.100の位に1玉、1の位に8玉を左に寄せる。
2.80を引く。100の位の1玉を右に寄せ、10の位に10玉を左に寄せる。10の位8玉を右に寄せる。
3.3を引く。1の位で3玉を右に寄せる。

答えが25になればオッケー。


100玉そろばんの魅力は?デメリットはない?

100玉そろばん

100玉そろばんの最大の魅力は、
小さい子でも数の概念を理解できるようになる点ですよね。

遊びながら勉強ができるので、
飽きることなく続けることができます。

数に対する抵抗がない子は、
算数や数学で苦手意識を持つこともなくなりますよ。

自分の手で触れて動かすことで、
乳幼児の脳は発達すると言われています。

100玉そろばんは手を使うので、
脳の発達を促進する効果も期待できるでしょう。

小さい子だけではありません。
小学生にだってメリットがあります。

足し算引き算を勉強するとき、
数が大きくなると分からなくなることがありますよね。

そんなとき、
100玉そろばんを使えば簡単に答えを導き出すことができます。

100玉そろばんのデメリットを調べてみましたが、
本当にデメリットはないようです。

強いて言えば、
そろばんよりも大きいので持ち運びがしずらい点でしょうか?

まとめ

100玉そろばん

100玉そろばんは、
小学生になっても使うことができます。

小さい子でも使えるように改良されたそろばんなので、
使い方も難しくありません。
ぜひ、お子さんのために100玉そろばんを買ってみては?