引っ越し

子供にとって一大イベントである入学式。
小学校に対する不安や楽しみだけでなく、
友達が出来るかなとかいろいろと子供なりに考えているでしょう。

小学校に入学後は、
学校に早く馴染もうと子供なりに努力しているはずです。

そんなときに、
引っ越しが決まったらあなたはどうしますか?

入学後に引っ越すと子供にどんな影響がある?

引っ越し

子供は小学校に入学したからと
すぐに考えがしっかりとするわけではありません。

視野が狭く、
柔軟に物事を考えることは
まだ難しい
でしょう。

だから、小学校で新しくできたお友達がすべてだと思っています。
引っ越しで違う学校になってしまったら、
もう友達がいないんだという考えにしかならないでしょう。

それに、やっと慣れ始めた所で引っ越しとなると、
また新しい環境に慣れないといけません。

そのため、入学後の引っ越しは子供にとってはかなりの負担があります。

入学後の引っ越しは経済的にも大変

引っ越し

小学校で必要な体操服などは、学校ごとに違います。

そのため、学用品も新たに買い直す必要が出てくるでしょう。

入学後すぐに引っ越しとなると、せっかく買った学用品が無駄になりもったいないですよね。

引っ越しのタイミングを考えよう

引っ越し

子供の負担を考えると引っ越しのタイミングはとても大事でしょう。

新しく友達が作りやすいのは、
低学年の頃です。

高学年になると、合う合わないがハッキリしてくるので
友達が作りにくいんです。

また、低学年の授業内容は優しいので
自分の通っていた学校よりも授業が進んでいても
すぐに追いつくことができます。

引っ越しの時期的には、
新学期や学年が変わるタイミング
おすすめです。

休みを挟んでリフレッシュするタイミングなので、
子供も学校に馴染みやすいんですよ、

学区外通学を利用して新しい小学校へ行く

引っ越し

小学校へ入学する前に引っ越しが決まっているなら、
学区外通学を利用するのもいいでしょう。

小学校は校区が決まっていて、
校区外から学校へ通うことはできません。

しかし、ちゃんとした理由があれば校区外からも通学できます。

今住んでいる家から新しい引っ越し先の学校に通えるなら
学区外通学をした方が子供のためにも経済的にもいいと思います。

子供は転校しなくていいので、負担がありません。
親の方も学用品を買い直さなくていいので、
親も子供も負担がありませんよ。

近くの教育委員会で事情を説明すれば、
学区外通学ができます。

まとめ

引っ越し

子供がいると引っ越しもいろいろ悩んじゃいますよね。

とくに小学校へ通っていると、
転校させるのはかわいそうだと思っちゃいます。

だけど、転勤などどうしても
引っ越しをしないといけない場合もあるでしょう。

そんなときは、
引っ越しをするタイミングなどを調節してみてはどうでしょうか。

タイミングも大事ですが、
お母さんが不安にならないことも大事ですよ。

子供も不安になってしまうので、
「すぐに新しいお友達ができるよ」
「今度はどんなお友達ができるかな」

とか、前向きな言葉をかけてあげてください。