効果

小学校受験に興味を抱き始めている方の悩みといえば、学費、受験内容、学校選びに勉強法

挙げたらきりがありませんよね。

今回はそんなお悩みママに「そもそも私立・国立学校ってどんなところ?」という基礎から小学校受験自体のメリット・デメリット・親御様の心構えまでをご紹介します。

1.まずは知っておいてほしい私立・国立学校ってどんなところ?

七田チャイルドアカデミー

受験を考えるならまずは、なぜ受験をさせたいのかをはっきりと考えてみましょう。

良い大学に入れたいから?

ママ友に勧められたから?

高い授業料を払って通わせるのですから私立・国立学校に通う利点はもちろんたくさんあります。

まずは一般的な私立・国立学校がどんなところなのか見ていきましょう。

特徴として、

  1. 公立学校よりも学習環境が整っている。
  2. 高度な水準で教育が受けられる。
  3. すべての学習の基礎が学べる。
  4. 意識が高い人と関わることができる。
  5. 将来の可能性を広げることができる。

などがあげられます。

他にもたくさんありますが、やはり学習設備・人・内容、すべてにおいて整った環境を与えてあげられることは嬉しいですね。

しかし一方、

  1. これまでとは全く違う人間関係になる。
  2. お子様自身の遊ぶ時間が極端に減る。
  3. 相当額の教育費がかさむ。
  4. 人間関係で悩んだ場合一貫教育が終わるまでずっと続く。
  5. 公立に比べて受験回数が少ないため受験慣れしないまま大学受験や入社試験を受ける可能性がある。

という現実もあります。

受験はゴールではありません。

受験後のお子様のことを考えたうえで、小学校受験について検討してみるといいですね。

2.小学校受験をすること自体のメリット・デメリットは?

ドラゼミ

受験をする場合のメリットは、教育の幅を広げてあげられることです。

お子様の趣味嗜好や興味関心事、親御様が伸ばしてあげたいと思う点を教育している学校に入学することができれば、のびのびと学習ができ、能力をさらに伸ばしてあげることができるでしょう。

そして、予算をかけた整った学習環境で学ぶことができれば、公立学校では味わえない教育も受けられる可能性はぐんと高まります。

デメリットは、受験対策に時間を取られお子様の遊ぶ時間・親子の愛情でのふれあいの時間が減ることです。

「将来のためなら1年間くらい遊ばなくたっていいし、一緒に勉強するからむしろ一緒に過ごす時間は長くなるのでは。」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、幼少期に体験したことや受けてきた愛情が、将来成人してからも影響します。

想像してください。

お子様が受験対策問題を解けない場合、あなたは冷静に向き合えますか?

「なんでこんな問題も解けないの」と強く叱責してしまうかもしれません。

するとお子様は勉強自体が嫌いになります。

しかし親御様に認められたい・褒められたいという想いはあるので無理をします。

それがストレスになってしまうのです。

3.小学校受験突破!どのように勉強すれば勉強嫌いになりにくいのか

ドラゼミ

せっかくお子様の将来のことを思って小学校受験を考えたのに、受験勉強段階で勉強嫌いになってしまっては元も子もありませんよね。

中学校受験や高校受験と違い、小学校受験対策では、「遊びの延長としてのお勉強」が必要になってきます。

人は命令されたりやらされる時よりも、自分で考えいろいろ試して失敗してもまたチャレンジしたりしているときの方が、脳が活発に働き、本人の血肉になります。

つまり、「今日はここまで解くよ」などではなく、お子様に「今日はどれ解きたい?」と選択させたり、生活の中でマナーを身に付けさせたり、お絵かきをしながら「この赤色に何色を混ぜたら紫色になるかな?試してみようか。」などと受験にも関わる問題をクイズのように出すなど、工夫はいくらでもできますよ。

いろいろと試してみてくださいね。

4.小学校受験を決める前にもう一度考えていただきたいこと

幼児ポピー

小学校受験を決める前に、もう一つだけ考えてほしいことがあります。

それは「継続させられるだけの時間的・金銭的余裕があるかどうか」です。

せっかく合格しても授業料が払いきれないから途中で辞めさせるとなれば、お子様の可能性を伸ばすことができないのはもちろんのこと、望んでもいない辞め癖が付いたり、親への不信感を抱いたりする原因にもなりかねません。

そして、私立学校に通わせるために仕事ばかりになり、お子様と一緒に過ごす時間が短くなるのも、お子様が本当に求めていることではないかもしれません。

一番大事なのはお子様の気持ちです。

しっかりと話し合うといいですね。

5.まとめ

幼児ポピー

いかがでしたか?

単に小学校受験といっても大切なお子様の人生、将来に大きく関わることなので、しっかりと考えてあげたいですね。

一番大切な、愛するお子様にとって最高の選択となるよう、支えてあげてくださいね。